秋葉原の風俗嬢がいくら魅力的であっても付き合おうという気持ちを持ってはいけない

2016-08-22

風俗嬢とお客さんの関係なのに、本当に恋愛関係に陥ってしまうということは、絶対にないとは言えませんよね。でも「付き合わない?」というと「店から禁止されているの」と相手が答えたなんて経験がある人は、少なくないでしょう。それは「付き合うつもりがないから」に、ほかなりませんので、アッサリ諦めましょう。

でも本当に好き会う仲になって、店が客との恋愛を禁じていたらどうしたらいいのでしょうか。一番いいのは「付き合いたい」「付き合おう」という事になった時点で、きちんとその店を辞めるということです。恋愛関係になったことを言う必要はありません。

店がそういった文言を就労規則に入れ込んでいるのは、そこで働く風俗嬢に「お客さんへの言い訳の提供」でもあるのです。「お店が禁じているの。私も好意は持ってるけど無理なんだ」といえば、その人はまた客としてきてくれるかもしれませんよね。

また店が警戒しているのは人気の風俗嬢の引き抜きや、直請けです。客と外で会われてしまうと、店に来なくなりますよね。イケメンが恋愛を装って、引き抜き工作をしたりすることは少なくありません。また恋愛すると、仕事が疎かになります。とくに風俗の場合は顕著でしょう。

店の外で会って仕事をされてしまうと、せっかく広告料を払って集客しているのに、店にとっては大損害ですよね。そういう事を警戒しています。でも本当の「恋愛」をとめることは、絶対にできないのです。普通の会社でも社内恋愛を禁じている会社がありますが、バレればどちらかが辞めるということで落ち着きます。

「その会社の規則では働けないんですよ」というだけの話です。今では人権問題に発展することもあって、そういう規則を設けている会社も少なくなっています。風俗だって同じです。それでもめんどくさいですから、きちんとして手順を踏んで店を辞めてから、その人とお付き合いするというのが順当です。

もしバレて「罰金を払え」だの何だの言われたときには、それによって出た損害と照らし合わせて、請求されている金額が妥当であると判断できた場合は払えばいいでしょう。少なくとも引き離すことは出来ません。また「罰金」が公序良俗に反する金額なら、その就労規則自体が無効という可能性だってあるのです。

とにかく弁護士などに相談を行うのが、解決の早道です。風俗店の規則がそうなっているのだから、諦めなきゃダメなんだと、心を痛める必要はありません。

秋葉原の風俗嬢がいくら魅力的であっても付き合おうという気持ちを持ってはいけない

風俗嬢とお客さんの関係なのに、本当に恋愛関係に陥ってしまうということは、絶対にないとは言えませんよね。


Copyright© 2016年8月22日 貴方にとってのベストな秋葉原の風俗が見つかるサイト
http://worldaidsorphans.org All Rights Reserved.