太陽光発電を知らない人の為の情報を更新していきます。

太陽光発電を知らない人の為のサイト

基礎知識

太陽光発電におけるパワーコンディショナーの重要性

投稿日:

植物と言えの模型とスマホ

太陽光発電で一番重要なのは、いかに効率よく発電出来るか?です。太陽光発電システムはいくつかのパーツから構成されていますが、その要ともなるパワーコンディショナーが重要な役目を担っています。

太陽光発電システムにも機種があって、それぞれの家庭で最適な規格やサイズが異なります。最大定格出力というのは、パワーコンディショナーが最大限に効果を発揮できるパワーのことを表していますが、これは最大定格出力以下であることも重要です。

最大定格出力が4kwか5.5kwのものが日本の家庭に向いているので、このサイズが多く出回っています。太陽光発電はモジュールというパーツで発電しますが4kwの場合は、最大定格出力4kwのパワーコンディショナーを、5.5kwお場合は最大定格出力5.5kwのパワーコンディショナーを選ぶのがベストです。

メーカーによっては最大定格出力が規格サイズ以上を可能にしているものがありますが、サイズ以上の発電が可能でもそれを維持するのは、現在の技術では難しいので上回る分の発電をしても結局無駄になってしまいます。

実際には実行発電容量が約8割程度だとされているので、バランスも大切なのです。さらに最大定格出力が大きくなるほど、システムの価格は高くなっていきます。

自分の家に合ったサイズを選ぶことも大切です。この場合は各パーツを同一メーカーで揃えておいたほうが、パーツ同士の相性もいいのでおすすめです。

価格の違いで安いものを選ぶと、メーカー違いになることもあります。これでもシステムとしては機能しますが、企画違いのものを設置してしまい最大定格出力以上の発電をしても、結果的に機械に負担をかけてしまうため寿命も縮むというデメリットになってしまいます。

太陽光発電には長期間の保証がついていますが、保証の条件なども確認しながら最適なものを選ぶといいでしょう。

-基礎知識

Copyright© 太陽光発電を知らない人の為のサイト , 2018 All Rights Reserved.