太陽光発電を知らない人の為の情報を更新していきます。

太陽光発電を知らない人の為のサイト

基礎知識

ハイブリッド構造で高出力の太陽光発電モジュール誕生

投稿日:

太陽光発電モジュール

太陽光発電はいくつかのパーツから構成されています。中でも太陽光発電の要となるのが、モジュールと呼ばれるものです。一般的なものは、n型半導体とp型半導体と呼ばれる2層構造になっています。

半導体の上には、電極と反射抑制版があります。これらの層になっているものの総称をモジュールとしています。太陽光発電は太陽の光をいかに吸収するかにかかっているのですが、一般的なモジュールには欠陥領域が出来てしまいます。

日陰になる部分などがこれにあたりますが、光が当たらないと電子が消失してしまうのでロスになってしまいます。このロスを上手くカバーするように作られたのが、ハイブリッド構造のモジュールです。

n型とp型の半導体構造は同じですが、この間に不純物を通さないアモルファスシリコンを使用することで、ロスをカバーできるようになりました。

ロスをカバーすることで、より高出力の太陽光発電となっています。最近は各メーカーも効率のいい、ハイブリッド型を導入しています。

従来のタイプよりも若干初期費用が高めになりますが、発電量はグっとアップするので元を取るまでの期間はかなり短縮されますし、光熱費も節約できるので長い目で見るとお得になります。

これから太陽光発電の導入を考えているのなら、ハイブリッド型にも注目してみましょう。

-基礎知識

Copyright© 太陽光発電を知らない人の為のサイト , 2018 All Rights Reserved.