太陽光発電を知らない人の為の情報を更新していきます。

太陽光発電を知らない人の為のサイト

リンク

惰性で送り続けている年賀状が面倒になってきたのでいい辞め方を知りたいです

更新日:

年賀状は失礼のないようにかつスッパリ辞める勇気を持つことがポイント

毎年年賀状の発売時期になると、年末の忙しい時にまた一つ手間が増えることを面倒に感じるというかたは少なくないものです。

そして、昨今では今の時代に合わないと判断し、年賀状を書かないというかたも珍しくなくなってきています。とはいえ、長年年賀状を書く習慣があった場合などには、いざ辞めたいとは考えてもその辞め方に頭を悩まされてしまうものです。

落ち込む女性

節目をきっかけにして辞める

ケースとして、生活に大きな変化を迎えたタイミングを利用して、思い切って年賀状を送る習慣を辞めてしまうというかたが多く見られます。

たとえば職場が変わった時、結婚や離婚をした時、身内に不幸があって喪中ハガキを出した翌年など、周囲の環境が変わり心情も大きく変わりやすいタイミングで。

思い切って自分から書かないことに決めるのです。ある意味勇気のいる決断にはなりますが、逆にいえば年賀状でしか繋がっていないような相手であれば、自然消滅してしまっても差し支えはないと割り切ることも必要になります。

SNSやメールで挨拶を済ませる

現代では、連絡をしたい相手といつでもコミュニケーションを取ることが可能です。それも年賀状を書かない人が増えた理由になっています。

年賀状の辞め方に悩んでいたら、こうした繋がりがある人に対しては他の通信手段で年始の挨拶を済ませてしまうのがおすすめです。

こちらから年賀状が届かない場合もあまり気にされませんし、相手から来ないことも多いでしょう。

年賀状を辞める旨を伝えておく

書くのを辞めるとは言っても、届いたものに対して返信をしないのはマナー違反だったり、何年もやり取りをしている相手がいる場合、突然年賀状が来なくなれば心配させてしまうかもしれないと不安は尽きません。

ですから、翌年以降年賀状による年始の挨拶を控えさせてもらう旨を、前の年の年賀状で知らせておくという手段もあります。

明確な理由がなくても、一身上の都合とするだけで問題ありません。ただ、相手に対してのみではなく、誰に対しても年賀状を出さないことにしたという主旨が伝わるようにすること、礼儀として、今後も変わらぬお付き合いを願っていることを伝える内容を添えること大切です。

■【年賀状の印刷が早い】ネットの年賀状印刷サービスを利用すれば年賀状作成が楽ちんです!
■安い年賀状印刷サービス比較2019亥年版!年賀状印刷はネットが安い!
■URL:https://年賀状印刷ネット.com/

-リンク

Copyright© 太陽光発電を知らない人の為のサイト , 2018 All Rights Reserved.